■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■


〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

ホ ー ム 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


図 書 室


利用方法


< 本 棚 >


[ あ ]
[ か ]
[ さ ]

[ な ]

[ は ]
[ ま ]
[ や ]
[ ら ]
[ わ ]









【企画・運営】
自立と創造のパートナー
ネクストライフ・コンサルティングのホームページへ

ネクストライフ・
コンサルティング






「民」富論
誰もが豊かになれる経済学

本の詳しい説明へ 【出版社】 朝日新書
【著者名】 堂免 信義
【出版日】 2008年02月28日
【価 格】 720円(税別)



財政赤字は国民への贈与になる

景気拡大と同時進行した不況

社会全体では「節約はできないが贅沢はできる」

全員は儲からない(金持ちが儲けるのは貧乏人のおかげ)

国内総生産は多くれば良いというものではない

企業利益の一部は公のカネである

高い国産品の代わりに安い輸入品を買うと国民の収入が減る

グローバル化による生産性向上が格差を広げる

グローバル化にどう対応するか

経済学というミステリー


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

前へ   一覧へ  次へ
< 堂免 信義 >