■■■ 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する ■■■



企画・運営 ネクストライフ・コンサルティング 〜 これからが、面白い人生の始まりだ! 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


図 書 室


利用方法


< 本 棚 >


[ あ ]
[ か ]
[ さ ]
[ た ]
[ な ]

[ は ]
[ ま ]
[ や ]
[ ら ]
[ わ ]








■■■ ピカイチ先生の 『本棚』 生活経営編 ■■■




バブルの興亡


本の詳しい説明へ 【出版社】 講談社
【著者名】 徳川 家広
【出版日】 2009年10月15日
【価 格】 1,600円(税別)




バブルはどこから来て、どこへ行くのか

4つのメガバブルから未来が見える
   − バブルに共通するメカニズム
    ・1980年代後半の「わが懐かしの不動産バブル」
    ・大不況への前奏曲となった「ジャズ・エイジ・バブル」
    ・20世紀末の「歴史の終わりバブル」
    ・市場最も愚かだった「サブプライム・バブル」


「失われた20年」の正体
   − バブル崩壊の後始末、妻は大成功だった!
    ・バブル崩壊とマクロ経済政策
    ・湾岸戦争と日本人の幻滅
    ・平成の首相たちと「失われた20年」


空前の狂乱経済へ、起爆剤は出揃った
    ・期待上昇要因 − アメリカが沈めば日本が浮かび上がる
    ・堅調な日本の実物経済 − 来るべきチャイナ・ブーム
    ・金融緩和が止まらない − ドル体制の揺らぎと日本銀行
    ・金融緩和の効果を倍増させる政府の行動
    ・政権交代とバブルの可能性
    ・バブル発生のタイミング


巨大バブルが復活したら、日本はこうなる
    ・なぜ「バブル復活」であって「インフレ襲来」ではないのか
    ・なぜ「バブル復活」であって「日本復活」ではないのか
    ・バブル発生で何が変わるのか
    ・バブルが崩壊しない可能性
    ・ソフトランディングは増税から
    ・バブルからインフレへ、そしてハイパーインフレへ
    ・インフレ退治の後に来る「廃墟経済」


巨大バブルが崩壊したら、どう身を守るか
    ・危機局面ですべきこと
    ・バブル局面ですべきこと
    ・「バブルからインフレ」の局面ですべきこと
    ・「インフレ、ハイパーインフレ、引き締め」の局面ですべきこと
    ・「廃墟経済」のしのぎ方



ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

前へ   一覧へ  次へ
< 徳川 家広 >