■■■ 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する ■■■



企画・運営 ネクストライフ・コンサルティング 〜 これからが、面白い人生の始まりだ! 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


図 書 室


利用方法


< 本 棚 >


[ あ ]
[ か ]
[ さ ]
[ た ]
[ な ]

[ は ]
[ ま ]
[ や ]
[ ら ]
[ わ ]








■■■ ピカイチ先生の 『本棚』 生活経営編 ■■■




信用恐慌の謎
資本主義経済の落とし穴



本の詳しい説明へ 【出版社】 ダイヤモンド社
【著者名】 ラース・トゥヴェーデ、赤羽 隆夫(訳)
【出版日】 1998年12月10日
【価 格】 2,400円(税別)




初期の信用恐慌
    ・悪魔の誘い − ペーパーマネーの誕生
    ・宴のあと − 天才ギャンブラーの末路
    ・経済学の創始者 − 「見えない手」は二本あった
    ・資本主義経済の内在的不安定性
      − ジョン・ステュアート・ミルと1873年の恐慌
    ・景気循環の「発見」 − 二人の先覚者


景気循環理論の展開
    ・景気の考古学者たち − 実証分析事始め
    ・資産形成の導師 − フィシャー、バブソンおよび貨幣数量説
    ・破局への予感 − ケインズとフォン・ミーゼス
    ・オンリー・イェスタディ − 世界大恐慌と「一般理論」
    ・技術革新と景気循環 − シュンペーターの総合


秘められた世界
    ・秘密のヴェールを剥ぐ − 模擬実験装置の登場
    ・電子の頭脳 − ビール・ゲームと景気循環
    ・蝶の羽ばたき − 決定論的カオスの発見
    ・暗黒列島探検とブラック・ボックス − 安定化政策の限界
    ・マスター・スペキュレーターの直感 − 資金運用の錬金術
    ・戦争ゲーム − 鉄火場と人間心理
    ・資産市場のトレンドと転換点
      − システム・ダイナミクス・モデルによる検証
    ・フリードマン・トリレンマ − 負け戦が運命づけられた通貨防衛
    ・千年紀末の恐慌 − 金融バブルの果て



ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

一覧へ    次へ
< トゥヴェーデ >